So-net無料ブログ作成

竹林に女性の変死体、頭蓋骨折れ殴られた跡?(読売新聞)

 24日午前0時40分頃、愛知県長久手町岩作の竹林で、同所、無職木村登志子さん(55)が倒れているのを同居している男性(41)が発見し、119番した。

 木村さんは搬送先の病院で死亡が確認された。頭蓋(ずがい)骨が折れ、顔に殴られたような跡があることから、県警は木村さんが何らかの事件に巻き込まれた可能性が高いとみて捜査、男性から発見時の様子など詳しい事情を聞いている。

 発表によると、木村さんは男性の両親と4人暮らしで、男性の家の裏手にある竹林内であおむけに倒れていた。男性の説明では、23日夜、木村さんが帰宅しないため、付近を探していたところ、竹林で倒れている木村さんを見つけたという。木村さんは普段着姿で、着衣に乱れはなく、周囲に争ったような跡もなかった。

乳がん患者で医師…道標となった小倉恒子さん「私にかできないこと」(産経新聞)
日本、韓国に敗れる=W杯前、国内最終戦飾れず―キリンチャレンジサッカー(時事通信)
ミラノサローネ2010、ムービー:吉岡徳仁「Stellar」(Business Media 誠)
西日本の大雨、24日にかけて東日本に拡大(読売新聞)
PSPソフト、無断複製し販売=著作権法違反容疑で男逮捕―兵庫県警(時事通信)

覚せい剤300キロ密輸、会社役員に無期懲役(読売新聞)

 2008年11月に北九州市の門司港で覚せい剤約300キロが押収された事件で、覚せい剤取締法違反(営利目的密輸入)などに問われた中国在住の会社役員嶋田徳龍被告(42)の判決が18日、福岡地裁であった。

 田口直樹裁判長は「覚せい剤の受け取りから国内での配送まで担ったうえ、相当の現場裁量権も与えられており、逮捕者の中で責任は最も重い」として無期懲役、罰金800万円、追徴金約430万円(求刑・無期懲役、罰金1000万円)を言い渡した。

 判決によると、嶋田被告はインドネシア人乗組員12人と共謀し、香港沖で貨物船に積み込んだ覚せい剤約300キロを門司港に密輸したほか、07年12月にも約500キロを福岡県苅田町の苅田港に密輸した。

 田口裁判長は事件を「国際的な組織による大規模で計画的な犯行」と認定。嶋田被告について、受け取りを1人で担当したことなどから「重要な役割を担った」とした。

 検察側は審理で「05年にも博多港で約300キロを受け取った」などと主張したが、田口裁判長は「関与した疑いは強いが、被告は否認しており、証拠上は認められない」と判断した。

ニセ女医、大臣印鑑など偽造容疑で再逮捕(読売新聞)
<女子高ボクシング部>でも「殴り合いはイヤ」!? 高校総体に初参加(毎日新聞)
HP解禁、結論持ち越し=衆院比例候補の扱いで対立―各党協議(時事通信)
<トヨタ社長>「24耐」出場見送り…周囲の猛反対で(毎日新聞)
北教組事件、木村被告「独断で資金提供依頼」(読売新聞)

<普天間移設>政府案、詰めの協議 10日に閣僚会議(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は8日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題を巡り、平野博文官房長官らと首相公邸で協議した。決着期限としてきた5月末をにらみ、10日に岡田克也外相、北沢俊美防衛相らを含む関係閣僚会議を開いて政府案の取りまとめを急ぐことで一致した。首相は7日に鹿児島県・徳之島の3町長との会談で移設受け入れを拒否され、米側と地元の合意を得ての「5月末の完全決着」は断念せざるを得なくなっている。

 政府案は米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(沖縄県名護市辺野古)か沖合にくい打ち桟橋(QIP)方式で滑走路を建設する案が軸になるが、合意を得られるめどは立っていない。8日の協議では、訓練移転など沖縄全体の負担軽減策とのパッケージで引き続き関係自治体の説得に当たる方針を確認。5月末までに合意を得られなくても、政府案を固めて米側や地元との交渉につなげたい考えだ。

 これに関連し、北沢防衛相は8日、長野市で講演し「トータルで沖縄の中で活動しているヘリや飛行機の訓練を日本全国に散らばせて、半分とか4割がた減ったと実感していただくような案を作っている」と述べた。【横田愛、福田智沙】

【関連ニュース】
普天間移設:「甘い汁は毒に」徳之島3町長、集会で訴え
志位委員長:普天間移設「無条件撤去を」 米で日本部長に
普天間移設:政府、5月決着断念へ…徳之島3町長拒否
普天間移設:首相、15日の訪沖先送り
普天間移設:首相、一部受け入れ要請 徳之島3町長拒否

拳銃?強盗、1・3億円奪う 千葉で2人組(産経新聞)
核廃絶交渉へ手応え=共産委員長、訪米の成果強調(時事通信)
<普天間>「5月超えても交渉」 枝野氏、首相の責任を否定(毎日新聞)
法人税滞納、産廃業者を逮捕=資産隠し容疑−大阪地検(時事通信)
キャバクラ経営会社社長を逮捕=ホステス所得税など脱税−東京地検(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。